橋本幸代バレエスクール 橋本バレエ団

卒業生・留学生のご紹介

西野麻衣子 (卒業生)
6歳から橋本バレエスクールで学ぶ。
1995年 イギリス・ロイヤルバレエスクールに留学。
1998年 ロイヤルバレエスクール卒業公演で「ジゼル」2幕のパ・ド・ドゥを踊る。
1999年 ノルウェー国立バレエ団に入団。
2005年 同バレエ団ファーストソリスト(プリマ)になる。
主役デビューの「白鳥の湖」全幕でオデット・オディールを演じわけ高く評価され「評論文化賞」を受賞する。
以後バレエ団のレパートリー全てに主演。近年ではジョン・クランコの「オネーギン」のタチアナ「Troll kan temma」を踊っている。
2008年 ノルウェー国立バレエ団が新しく建てなおされたグランドオープンではジリ・キリアン作品「World Beyond」のメインキャストを踊る。
クラシックの他、ジリ・ギリアン、テトリー・ポールライトフット、スティーブンソン・アクスポートなどのコンテンポラリー作品にも定評がある。

中村純代 (卒業生)
6才より橋本幸代バレエスクールでバレエを始める。
発表会では「くるみ割り人形全幕」でクララ、「白鳥の湖」でオディールで2度の主役を務める。
公演では佐々木 大氏をパートナーに「ドン・キホーテ全幕」のキトリ、「ラ・シルフィード全幕」ではエフィーを踊り、好評を得て舞台に貢献した。
コンクールでは2004年全国バレエコンクールin Nagoya 女子シニア部門 入選。
2002年〜2010年まで橋本幸代バレエスクールの指導者として後進を育てた。
現在フリーとして活躍中。

佐藤美貴 (卒業生)
3歳から橋本幸代バレエスクールで学ぶ。
2000年・2001年全国バレエコンクール in Nagoya 入選。
中学卒業後、宝塚音楽学校に入学。
花組娘役 白姫あかり として入団。
デビュー公演は「マラケシュ・紅の墓標」。
「ファントム」「太王四神記」など花組の公演にすべて参加する。

横井 漱 (留学修了者)
2001年から橋本幸代バレエスクールで学ぶ。
バレエレッスンの他に劇団ひまわりにて声楽・演劇・ミュージカルに関するダンスをレッスンする。
2005年(14歳)、ミュージカルの世界を目指し、Tring Park School for the performing arts (London) に留学。
留学中は2006年に学校より Comtemporary Piece in Sadlere well 賞を受賞。
同年、聖歌隊に選ばれノートルダム寺院で歌う。
学校公演で「Copacabana」のLuis役など、役にも恵まれ研修を積み、
4年間の課程を修得し、2009年卒業。
2010年1月より劇団四季に入団を果たす。

長岡真弓 (留学修了者)
Ballet British Colombia 研修員としてバレエ団のレパートリーを踊り活躍した。
帰国後は、橋本幸代Jr.バレエ団一員として活動している。
受賞歴
1997年 全国バレエコンクール in Nagoya 女子ジュニアC部門 名古屋テレビ賞(9位)
1999年 全国バレエコンクール in Nagoya 女子ジュニアC部門 シルビア賞(15位)

友田佳那 (留学修了者)
2009年9月より、Tring Park School for the performing arts (London) に留学。
留学中、Ballet Cup 2010:3rd(3位)を受賞。
2011年、NAMUE大阪 一般の部 第5位
2012年、こうべ全国洋舞コンクール シニアの部(次点)健闘。

奥野亜衣 (研修中)
2012年6月〜8月、Pittsburgh Ballet Theatre School 2012 Intensive Summer Program に参加。
2010年、ザ・バレコン大阪 女子ジュニアA ファイナリスト。
2011年、Passion du Ballet a Kyoto Competition 高校生の部 ファイナリスト。
2011年、NAMUE神戸 高校部門 第5位。NAMUE京都 高校部門 第5位。
2012年、NAMUE神戸 高校部門 第4位。

河原ノエル (留学修了者)
2012年、中国遼寧芭蕾舞学校のスプリングコースにて研修。
2011年、NAMUE京都 中学校部門 ファイナリスト。
2012年、NAMUE神戸 中学校部門 ファイナリスト 第20位。

新酒優歌 (留学修了者)
2012年、中国遼寧芭蕾舞学校のスプリングコースにて研修。
2012年、Osaka prix ジュニア第2部 ファイナリスト。
2012年、NAMUE神戸 中学校部門 第7位。